MENU

乃木坂誕生の話を紹介

ライブ風景

同じく秋元康が作り出したアイドルグループである乃木坂46ですが、一体その存在にはどのような背景が隠されているのか?まず乃木坂46の名前に使われている「乃木坂」というのは、東京都の赤坂にあるSME乃木坂ビルがモチーフとなっております。そして46という数字ですが、この数字を意味する具体的な理由は特にないと秋元康は語っています。しいて言うならばAKB48の後発アイドルグループとして、先輩であるAKB48にも人数が少なくても負けないように頑張ってほしいという意味で数字を小さくしたとも言われていたりします。ちなみにレーベル会社のソニーは当時「六番町」という名前を希望していましたが、秋元康が「乃木坂」を提案して話し合った結果、乃木坂になることが決定。そして乃木坂46はAKB48のライバル的な存在として活動するようにマネジメントしていきました。ただ乃木坂46がすでに世に出始める頃には他にもたくさんの姉妹グループが名をあげていたので、AKB48のライバルとして存在意義を見出すことには少し時間がかかった模様。明確にAKB48を連想させるように2012年頃にはAKB48のデビューシングルである「会いたかった」とまったく同じ歌詞で曲調だけマイナーチェンジした「会いたかったかもしれない」を発表。この曲はメインのシングルではなく、乃木坂46の最初のシングルである「ぐるぐるカーテン」のカップリングとして収録されています。ちなみにカップリングですがこの曲にはミュージックビデオも用意されています。